おうち生活の基盤づくりにつながる「育つ」「食す」「集う」サービスを提供し続けます

新型コロナウィルスの対応としてサービスの一部を停止のお知らせ

日頃は弊社サービスをご利用いただき、誠にありがとうございます。新型コロナウィルスの対応としてサービスの一部を停止させていただく事になりましのでお知らせいたします。

下記サービスにつきまして新規予約の受付を一時停止させていただくことになりましたのでお知らせいたします。
——————————————————————————-
  ・ベビーシッターサービス(イベント保育・ビジター利用含む)
  ・家事代行サービス
   対象:2020年3月1日-同年3月31日の期間にサービスを実施する新規予約
——————————————————————————-
*すでにお受けしている予約につきましては実施させていただきます。また、4月のご予約・入会も同様にお受けいたします。
*居宅訪問型保育事業「つなぐん」につきましては、厚生労働省より保育所に対し原則開所の要請(2月27日)がなされており同様にサービス提供を続ける予定です。ただし、居宅訪問型保育事業は地域型保育事業であるため、事業の実施主体である基礎自治体より異なる判断がなされた場合はそれに従います。

保育所等における新型コロナウィルスへの対応について(令和2年2月27日現在) 
 https://www.mhlw.go.jp/content/11920000/000601096.pdf

 *保育所、認可保育所等施設型保育は実施の予定としております。
 *給食の受託事業につきましては、施設より事業停止の申し入れがない限り通常どおりに実施の予定です。

新型コロナウイルスの対応として全国の小・中・高・特別支援学校に臨時休校の要請がなされました。本来であれば弊社のサービスを利用することで、変わらず暮らしを支えて行くタイミングではありますが弊社の力不足もあり冒頭のような判断に至りましたことお詫び申し上げます。

なおすでにいただいているご予約については予定通りお伺いさせていただきますが、変更が生じる場合には個別にご連絡させていただきます。受付再開の際には、改めてご連絡いたします。

この度の対応は、感染者増加にともなう社会的情勢、罹患等にともなう保育者数の一時的減少リスク、に加えて、弊社保育者が媒介者になるリスク回避も含めての措置であり、大変心苦しいのですがこのような判断に至っております。

特に媒介者リスクについては、無自覚に媒介する可能性もあることからお子様の健康・安全を考慮し、この時期の接触は可能な限り抑制する必要があると考えます。

保育者につきましては予防に最大限努めておりますが、公共交通機関を利用し限られた空間での保育サービスの提供を行う訪問型保育の特性上、保育者がウィルスを媒介するリスクは伴います。弊社の保育サービス提供がウィルスの媒介となる可能性がある中、その影響は最小限に止める必要があると考え一部サービスの受付停止措置を決定いたしました。

大変なご迷惑をお掛けすることとなりますが、何卒ご理解ご協力賜りますようお願い申し上げます。

サンフラワー・A株式会社
代表取締役 盛山利紀

サイトメニュー