おうち生活の基盤づくりにつながる「育つ」「食す」「集う」サービスを提供し続けます

保育園給食の委託/受託

私たちサンフラワー・A株式会社は、直営保育園の運営経験をもとに、保育園給食に特化した給食業務を受託運営しております。
それぞれの保育園で経験が長い保育士や栄養士をはじめとする給食スタッフが、保育園、
そしてなにより、お子様のために給食を創り上げます。

常に保育園の食への思いに寄り添い、さまざまなご提案をすることで、保育園給食の目的実現に努めております。私たちは、給食調理業務を単に代替として行うのではなく、保育園給食の在り方を考え、皆様と「“食”を共に作るパートナー」を目指します。

foods02

現在、都内認可保育園のほとんどが栄養士を配置しております。しかしながら、保育園給食などの乳幼児食に対する栄養士の知識、経験は、学校等で得れる養成課程からみても、その内容はごくわずかにすぎません。病院給食や学校給食のような、すでに確立されているものではないのが、この乳幼児食になります。

foods03

乳幼児期の食事は、生涯にわたって健康で生き生きとした生活を送る基礎となる「食を営む力」を培う時期です。食を営む力の獲得に向けて、私たちはお子様たちの卒園までに「意欲的に食べ、楽しく食卓を囲む子ども」に育てていきたいという思いがあります。

サンフラワー・Aの「食」サービス

給食を、私たちは「給食」ではなく『わしょく』にてお届けします。給食はその名のとおり、食事を支給することや食事そのものを指します。しかし、保育園給食で求められているものは、食事提供だけではない「食育の推進」です。私たちは3つの『わしょく』を通じて食を営む力の獲得を支援します。

washoku

和食 調和がとれた日常の食事を丁寧に提供することで、感謝の気持ちを育みます。調和がとれた食事とは、栄養バランスに優れた健康的なものであることを前提に、五感で楽しむ食事です。
輪食 食卓を囲み、心を育む食事を提供します。食卓は、健康を維持していくための食生活の基礎を身につける、礼儀作法や人を思いやる心を学ぶ場です。食事提供に留まらず、食卓を囲むことの重要性を再認識し、日本本来の食卓を囲む食事の実現を目指します。
話食 和食と輪食をベースに、日本人の伝統的な食文化を継承します。昔はあたりまえであった日本人の食文化を再現し、語り続けることを約束します。

これらの「わしょく」を、食育活動を通して提供していきます。サンフラワーAの食育は、特別な取り組みではなく、日々行われ、子どもたちの生活の中に自然に存在する活動です。そこで、食事提供そのものも食育ととらえ、毎日食育をベースに企画する食育を加え、食育活動を実践しています。行事食ももちろん提供しますが、日常の食事が主役になります。

毎朝の定期ミーティングの徹底

 

foods06

当社では、調理に入る前に毎朝必ずミーティングを実施しております。調理内容、アレルギー報告、その他細かい内容についてまで、徹底して管理できるような形をとっております。

 

お子様たちのアレルギー対策

foods04

お子様のアレルギーへの対応として、必ず提供前にスタッフたちでの確認作業をおこないます。その際は、トレーにお子様情報を記載し、アレルギー情報も記載しております。
このことにより、お子様への配膳ミスを未然に防いでおります。

 

衛生面への対応

 

foods09

当社では、調理前の手洗いの徹底はもちろん、栄養士スタッフ全員での調理服のホコリ、汚れチェックを必ずおこないます。
各自、着替えをおこない、ホコリを取ったあと、改めて全員でのチェックをおこないます。この作業をおこなうことにより、徹底した対応をおこなっております。

サンフラワー・Aの「食育」

当社では、本来の日本の食文化を継承した「食育」を推進しております。

 


保育園給食の委託をご検討の場合、お気軽にお問い合わせください。
担当より説明させて頂きます。

サイトメニュー